本文へスキップ

PMCはスタジオモニターとして世界中で信頼されているスピーカーメーカーです

お問い合わせは株式会社CSR

TEL 042-703-5100

PMC TECHNOLOGY


ATL (Advanced Transmission Line)

PMC独自のATL(Advanced Transmission Line)のエンクロージャーは、洗練されたキャビネットの構造、オリジナルスピーカーユニット、 特許取得済みの吸音材料を使用して、巧みな技術によって設計されたものです。これは形状だけ真似してもなし得ない技術です。
ATLは、LFドライバーを長いATLの端に配置することにより、その経路と吸音材によってLFドライバーの背面から放出される高音域成分を減衰させています。
低音域成分はATLを通り、LFドライバーの正面の位相と同じになるように開口部から出力され、第二のLFドライバーとして働きます。
この方法の大きな利点は、LFドライバーを駆動している時、キャビネットの内圧が維持されることです。これは広い周波数帯でドライバーの制御を可能にし、低周波歪を減衰させます。
これらにより、中音域と高音域のディティールは高調波歪の影響を受けることなく、透明感のある中域、ハイスピードな低域というPMCの特徴を生み出しています。
ATLであれば、同じドライバーを密閉型エンクロージャーで設計するより、豊かな低音を再生することが可能です。
ATL以外の方法では、全ての音量レベルで解像度と安定性を実現することは困難です。


Cabinets

目と耳が満足できる完璧なキャビネットを作成するには、最先端のコンピュータ制御の機械加工と伝統的な職人の技の連携が必要です。 エンクロージャーを設計する際、パフォーマンスを向上させるためには、構造的に完全で正確でなければなりません。
キャビネットとハウジングの両方を形成するATLを実現するにあったって、PMCでは厳密に精度を指定した、安定性と長寿命が保証された材料をパネルに使用しています。


Crossovers

クロスオーバーで使用するコンデンサは、最高の音質が得られるように厳選されています。 量産においても性能を満たしているかを測定し、性能に差がないペアをセレクトして基板に実装し、L/Rのペアとして使用しています。
クロスオーバーはコンピュータによるテストとリスニングテストで合格したものだけが製品になります。 量産品はPMCのリファレンスセットと違いがないことを確認してから出荷されます。


Drive Units

スピーカーはドライブに始まり、ドライブに行きつきます。
PMCのATLの性能を最大限に生かすためには、キャビネットに合わせた、分解能が高く、超低歪のドライブユニットが必要です。
PMCのドライブユニットは全て自社製で、信頼性が高く、ナチュラルで脚色のない純粋なサウンドを実現しています。




バナースペース

shop info店舗情報

株式会社CSR

〒252-0303
神奈川県相模原市南区相模大野5-33-4
TEL.042-703-5100
FAX.042-767-5300